【File No.3】プレゼント

プレゼント

 

子供は育っていく過程に於いて、

まず一番身近にいる親から「何か」を感じ取って行く。

 

その親から感じ取った「何か」がその子の、

その後の人格形成に大きく影響していく。

 

その「何か」が優しさであったり、包容力であったり、

怒りであったりと様々な訳だが、

とにかく子供は敏感にそれを感じ取る。

 

しかし、

マリーは物心が付き始める3歳という時期に両親を亡くした。

 

だが彼女は、いつも大自然の中から「何か」を感じ取り、

そばにいる沢山のおおじさん達から色んな「何か」を感じ取り、

彼女が感じ取ってきた「何か」は、

恵まれた環境にある子供達よりも、

遥かに多くの蓄積となって、彼女の心を大きく大きく養っていった。

 

マリーは一人、

薪の横でロッキング・チェアーに揺られながら

夜空を見据えていた。

 

 

彼女は空を見上げるのが大好きで、

昼間の澄み渡る青空には、

大地の全ての生命に燦々と降り注ぐ太陽のエネルギーと包容力を感じ、

それは彼女にとっては父親のような存在でもあった。

 

大学の寮生活の中でたった一人で、

傷つきくじけそうになっても、

夜空に輝く満天の星たちが、

優しく彼女を包み込んでくれた。

 

「ありがとう、、、」

 

「俺にありがとうってか?」

 

ふと横を見るとトレーラーからキングが、

皮ジャンを引っ掛けてくわえタバコで薪にあたりに来た。

 

「キングにもだけどね、、、パパとママに・・・

私ね、パパとママと一緒に過ごした記憶殆どないけど、、、

子供の頃は、パパとママのいる子達が

うらやましかったりもしたんだけど、、、

でも、私のパパとママは、

私に一杯色んなものをプレゼントしてくれたの、、、」

 

「俺もそのプレゼントの中に含まれてますかね?」

 

「もちろんよ、、、」

 

「俺もマリーから一杯プレゼントもらったぜ、、、ありがとな」

 

そう言ってキングはタバコをふかした。

 

「どんなプレゼント?」

 

「さぁあな、それは内緒だ」

 

キングは皮ジャンをマリーの膝にかけて、

 

「じゃあ、俺はそろそろ寝る」

 

と言ってタバコを薪に投げ捨てると背中ごしに

「おやすみ、マリー」と言ってトレーラーに入っていった。

 

きらめく夜空に

マリーの

Amazing grace の歌声だけが

透き通るように

とけこんでいった。

 

(※ こちらの曲を聴きながらお楽しみください)

 

アメージング グレース

何と美しい響きだろう

私のような者までも救われる

道を踏み外し

さまよっていた私を

救い上げてくれた

今まで見えなかった恵みを

今は見出すことができる

 

——————————

 

※ このストーリーは個人の趣味レベルで創作を楽しんでおります。

ストーリーはフィクションであり

実在する国家・団体・企業・HP・個人等とは一切関係ありません。