【File No.13】

物事を心に深く感じ取る働きを感性という。

そして、その感性の達人が天才と呼ばれる人達であろう。

 

物事を、

どれだけ敏感に感じ取れるか

どれだけ深く感じ取れるか

どれだけ強く感じ取れるか

そしてどれだけ多くの事を感じ取っていくか

それによって感性はより研ぎ澄まされ

鋭く成長していく。

 

しかし、それは同時に、

人一倍悩み

人一倍傷つき

人一倍苦しみながら生きていく事でもある。

 

そういった苦難に押しつぶされ

潰れていった才人がどれ程いたであろう。

 

人一倍高い次元でバランスを保っている人達は、

精神力が切れてそのバランスの均衡が崩れたとき

まっ逆さまに転落する。

 

そういった苦難を直向な努力と強靭な精神力で乗り越えてこそ才能は開花する。

 

苦難に負けるな。

不幸な境遇を嘆くな。

 

その不幸の重さだけ

人よりも優れた才知と英知が

そこには眠っている。

 

不幸に苦しんだ人程

幸せになる権利があるんだ。

 

彼らの演奏はその場に居合わせた若者達の魂を激しく揺さぶった。

 

——————————

 

※ このストーリーは個人の趣味レベルで創作を楽しんでおります。

ストーリーはフィクションであり

実在する国家・団体・企業・HP・個人等とは一切関係ありません。